地域に愛され45周年

長野県上田市にて
昭和48年、地域密着型のドライブイン「ぎんりんパーク 味吉」(ジンギスカンをメイン料理としたドライブインレストラン)を創業。
昭和57年に「ビジネスホテル味吉」へ改称し旅館業を開業。

平成元年に本館「上田西洋旅籠館」を新設。
平成16年日帰り温泉施設「しなの木温泉 ひな詩の湯」開湯。
同年5月有限会社しなの木温泉として法人化。

本館旧館合わせて約80名収容の宿泊部門、150名規模の会議宴会ホール・レストランの会議宴会部門、日帰り温泉部門

本年創業45周年を迎え、地域に密着し愛される店舗を目指し、法人・個人共に多くのリピーターに支えられ、上田エリアの民間経営による日帰り温泉併設ホテルとしては最多となる年間のべ10万人の利用客数を誇っています。

昭和48年ドライブインとして創業の志を忘れることなく、お客さま目線にたったサービスの向上と食へのこだわりを持って参ります